学ぶ人の奨学金.com

奨学金はお金を借りる事

学ぶ人の為、それはある意味私は教師の役割をはたなければならないのかもしれませんが、私は無知なので、参考にしていただければ嬉しいですが、フレンドリーにも書きますけど、本質は真剣に書いています。
奨学金というとやはり借りている意識が弱いですよね、学生ローンの方がその点分かり易いと思いますが、学生ローン、奨学金と言っても、毎月の目安でこれくらい貸してください、という奨学金を受ける学生の方達の立場と、毎月これくらいの目安で貸しますから、働いてからはちゃんと毎月これくらい返してくださいね、という条件がありますし、借金をしているというと大げさに感じるかもしれませんが、簡潔に言って借金をすることが奨学金です。
貸してほしい立場の学生の方達と、貸す方の団体の方達や、機構の方達によって成り立つものが奨学金であり、学生ローンです。
ただ、借金と言っても、利子が奨学金の場合少ない割合なので、普通に借金するのとは違います。
奨学金と言うと利子と関係ないものと考える方達もいると思いますが、借りるのですから当然無利子で貸すわけにはいきませんが、中には無利子の機構や団体はありますし、日本学生支援機の第一種奨学金は無利子です。
ですが基本的に利子が付くと考えておきましょう、学生時代に借りた満額と利子を返さなければならないと考えましょう、、もっと慈善的な団体や地方自治体もあると思いますが、社会人になったら必ず、することになるローンの契約と、使い道を改めてよく考える事は大切だと思います。
奨学金はお金を借りる事、という現実に気付いて、返せなかったらどうしようという時には、相談に乗ってもらいましょう、学校の担当の方でもよいですし、借りている地方自治体や、団体や、機構の方達に相談する事は大切ですし、無理なく借りることも必要です。
借りるという事を意識することは大切ですし、借りて返さなければ問題にもなりますし、法律的な問題にもなりますが、しっかりと計画を立てて借りる事がやはり肝心だと思います。
あまり神経質にならなくても良いですから、社会人になったら誰でも経験するローンの返済も、ローンの借り入れも体験しておいて損はないと思いますし、今から自分でお金の計画を立てて、書きだしたり、家計簿をつけるのも良いですね、家計簿はお母さん方や、女性だけが付けるものではありません、男児でも、男性でも家計簿をつけている方はつけています。
お金に対する考え方の甘さを考えて、自分に厳しくすることも大切だと思います。
色々と厳しいことばかりで、疲れてしまいますよね、ゆっくりと休んで、読んでくだされば幸いです。

学ぶ人の奨学金.comTOPに戻る